九州本部で行われる護摩法要

阿含宗の九州本部で行われる護摩法要は「凖胝観世音大菩薩祭護摩法要」と呼ばれる行事が行われており、多くの人が参加していることから、とても重要度が高い行事となっています。この行事は毎年9月に行われていて、凖胝尊と眷属二大龍王に日ごろの感謝を捧げるために多くの信仰されている方々が会場に訪れて、それぞれの信徒がそれぞれの思いでしっかりと祈念しています。凖胝観世音大菩薩祭護摩法要では、導師が入堂してから護摩法要が始まる流れとなっています。

附座する一般参拝者の目前で、お護摩の炎が力強く燃え上がるのが特徴の1つとなっています。信仰している方々を中心とした参拝者一同は篤い祈りを捧げます。そして僧侶から一般の方へ真言行の意義が語られます。この部分が九州本部で行われる凖胝観世音大菩薩祭護摩法要で一番重要な部分です。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 農業男子、吉田泰昌です!!古い友人と、同窓会や飲み会などで会うと【お前いま仕事何やってんのー】という…
  2. インテリアデザイナーの徳永祐助には子どもが2人います。彼は子どものころから塾通いをしていて、いわゆる…
  3. イワサ物流の強み―ワンチャンネルサービス―グローバルネットワーク―システム力・人材力イワサ物流の主要…
ページ上部へ戻る