中山永次郎のANAクラウンプラザホテル京都は何故こんなにも人気であるのか

数々の旅館やホテルを復活させてきたことで、業界では知らない者はいないとされている中山永次郎氏。日本国内はもちろんのこと、海外の多種多様なアミューズメント施設の開発、開業準備に至るまで手をかけてきました。その並外れた才能と技量を認められ、現在、ANAクラウンプラザホテル京都の代表取締役社長を任されています。
大手のホテルチェーンでありながら、京都の風情を残しつつ気持ちの良いサービスと魅力たっぷりの施設らが融合した唯一無二の見事なホテルとなっています。それも中山永次郎氏の知識と経験の賜物だと言えるでしょう。
その独自性あふれるANAクラウンプラザホテル京都の魅力を今回いくつか紹介したいという風に思います。

一番の高級なお部屋は、ペントハウス。プレミアムキャッスルビューツインルーム(禁煙)となります。こちらの部屋からは世界文化遺産にも登録されたあの『二条城』を眺めることができるのです。江戸時代に造営され、京都の移り変わりを数百年にわたり見守ってきました。そんな二条城を窓一面に見ることができる・・・なんという贅沢なのでしょう。

加えて、このプレミアムキャッスルビューツインルームをデザインしたのは森田恭通氏(GLAMOROUS co.,ltd. 代表)。森田氏といえば、日本だけにとどまらずニューヨークや香港を中心に活躍する一流デザイナー。大地真央さんとの結婚や、たびたびのメディア出演も話題になっていますね。伊勢丹新宿本店や京福電気鉄道、嵐山駅も手掛けたことでも有名です。それほどの名士に依頼することができるのは中山永次郎氏の人間性あってのことなのでしょう。

同じく、森田氏にデザインしてもらった空間がもう一か所だけ存在します。ANAクラウンプラザホテル京都ではウェディング利用が可能なのですが、その会場こそが森田氏デザインなのです。一生に一度の大切な思い出にいかがでしょうか。中山永次郎氏が代表取締役社長をつとめるANAクラウンプラザホテル京都のウェディングなので満足のいく特別な一日になることは間違いないでしょう。

また、そのような超高級な部屋ばかりでなく、リーズナブルで低コストなお部屋も多数存在します。宿泊客のそれぞれのニーズにあったお部屋が必ず見つかると思います。
部屋だけではありません。ホテルの地下一階にはショッピング・アーケードとなっており、手軽にショッピングを楽しむことができます。遊びに来たは良いけど、歩き疲れて外に買い物に行く気にならないという人も案外多いのではないでしょうか。京みやげ売店では、お土産やちょっとしたショッピングをするには適した施設であると思います。京老舗菓子、伝統工芸が用意されています。

さらに、サンテロワという施設も特にお勧めです。簡単に言うと屋内プール&サウナなんですが、一般客より宿泊客は安く利用することができます(別途料金はかかりますが)。まず、なんといっても700平米という広さ。プールの大きさは18m×6.5m、32度前後の水温となっており、プールサイドではサンビームも利用することができるのです。
マッサージルームもあるので贅沢な気持ちでゆっくりとくつろぐことができます。水質はまろやかでは肌あたりも良くオススメです。プールサイドにはフィットネスもあり、トレッドミル・ローラーバック・バーチカルチェスト・レッグエクステンション・レッグカール・アブドミル等のトレーニングができます。観光で羽目を外し暴飲暴食しすぎたという方に最適な施設ではないでしょうか。

ここまで語れば中山永次郎氏が代表取締役社長を務めるANAクラウンプラザホテル京都の魅力は存分に伝わったと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビタブリッドジャパンのビタブリッドC ヘアーの人気は?ビタブリッドジャパンでは「VitabridC(…
  2. 仕事が忙しくて介護などをあまりしてあげられる時間がないという方は西多摩郡 老人ホームの社会福祉法人清…
  3. 就職状況というのはその人の実力だけではどうにもならないことがあります。現在の就職活動は売り手市場でか…
ページ上部へ戻る